Rate this article:  

過去6年間、GardNorth America)は、米国法曹協会の海事法学生執筆コンペティションの共同スポンサーであり、ファイナリストの審査員を務めています。

こちらは、英文記事「Introducing Jessie Elizabeth Shifalo, this year’s winner of Gard co-sponsored writing competition」(2021年8月23日付)の和訳です。

 

今年の優勝者はJessie Elizabeth Shifalo氏ですが、彼女は「The Garamendi Amendment: 4つの単語がどのようにアメリカの全オフショア風力業界を変えたか」と題して、米国ジョーンズ・アクトのカボタージュ条項の問題点や、それが将来米国のオフショア風力業界に、開発や拡大の初期の段階において、どのような広範囲の影響を及ぼすかについて論じています。彼女の論文はアメリカ弁護士会のニュースレターに掲載されておりますので、ご覧ください。

 

テュレーン法科大学院では、Jessie Elizabethはテュレーン海事法ジャーナルのSenior Managing Editorであり、海事法協会の前会長でもあります。また、2011年の米国商船アカデミー卒業生であるJessie Elizabethは米国沿岸警備隊 (USCG) のトン数無制限船長資格を有し、法科大学院入学前に8年間タンカーに乗船していました。Women Offshore MentorShipプログラムのメンターでもあります。

 

Gardは、このコンテストにスポンサーとして積極的に関わってきたことをうれしく思います。このコンテストでは、米国での海事法務のキャリアを追求することに関心がある学生に、質の高い著者としての報酬を提供することを奨励しています。Shifalo氏は賞金を受け取るだけでなく、ニューヨーク支店へ招待されます。彼女はそこで我々の仕事についてさらに学び、彼女の論文について我々の同僚と議論を交わすでしょう。2021年9月の終わりに彼女に会えるのを楽しみにしています。

by Frank Gonynor
Senior Claims Advisor, Lawyer, New York

 

 

 

by Jessie Elizabeth Shifalo

Senior Managing Editor, Tulane Maritime Law Journal