http://aresrv407.gard.local:8090/rest/ident/gard_ident/searcher/gard.no/search.xml?q=&language=Japanese&item=Japanese&hits=20

19.10.21

Loss prevention material

南アフリカに寄港する際は、本船への不法侵入を防ぐため、警戒態勢を敷いて適切な保安手順を実行するようにしてください。

13.10.21

Insight

航海関連事故の調査では、まずは、船橋の当直者が対象になるのが通常です。航海事故には人的要因が大きく関わりますが、水域ごとの航海関連事故の発生のしやすさの違いにも着目するべきかもしれません。

04.10.21

Loss prevention material

インドネシア当局は長年にわたり、必要な当局の許可を得ずに同国領海内に錨泊する船舶を拘留しています。最近の事例によると、ビンタン島その他のリアウ諸島沖に錨泊する船舶が重点的に対象となることが多くなっているようです。

04.10.21

Loss prevention material

9月1日より、特定の外国船舶は中国領海への進入時に中国の海事当局に報告することが求められます。

17.09.21

Article

連絡先 Insight (日本語) Gard Alerts (日本語) Member Circulars (日本語) LP Circulars (日本語) Hot topics (日本語) Gard News (日本語) リンク

14.09.21

Loss prevention material

オーストラリアとニュージーランドは、9月からクサギカメムシのリスクシーズンに入ります。2021年は、「クサギカメムシのリスクのある国」のリストにポーランドが追加されました。

14.09.21

Loss prevention material

ギニアでの軍事クーデター未遂に関する報告を受け、船主および運航者は同国への寄港に際して警戒することが求められます。クーデターの結果はいまだ明らかになっていません。

14.09.21

Loss prevention material

ソマリアでの海賊行為の減少傾向が続いていることにより、主要海運団体はインド洋における海賊行為の「ハイリスク海域」の地理的境界を縮小することを決定しましたが、この海域を通過する船舶は引き続き警戒し、海上安全環境の変化に注意する必要があります。

06.09.21

Insight

最近のGardのウェビナーで、スペシャルゲストのPrashanth Athipar氏(BHP社Principal for Sustainability and Maritime Supply Chain Excellence)と、GardのCharterers & TradersとLoss Preventionの両チームのメンバーが、温室効果ガス排出量削減目標に対する規制当局と海運業界の取り組み方について議論しました。本記事では、ウェビナーの中で投げかけられたいくつかの疑問・質問に対して回答します。

06.09.21

Loss prevention material

(COVID-19の影響で延期されていた)パリMOUと東京MOUによる合同検査キャンペーンは、2021年9月1日に開始される予定であり、今回は復原力全般に重点が置かれます

01.09.21

Loss prevention material

(2021年8月26日更新) 数年にわたり、Gardに加入している複数の船舶が、当局から必要な許可を受けずに東ジョホール沖の領海で錨泊していたとして、マレーシア海上法令執行庁(MMEA)によって拘束され、罰金を科される事件が発生しています。この傾向は今年増加しています。

01.09.21

Insight

米中貿易摩擦が始まって以来、中国は南米からの大豆輸入を増やしてきました。その一方、Wang Jing法律事務所によると、中国国内ではこの数年、大豆のカーゴダメージによる高額クレームも増えており、運送人に全責任や少なくとも主な責任があるとする判決が常態化しているとのことです。貨物固有の瑕疵がダメージの主因であると考えられる場合や、船側ではいかんともしがたい理由で荷揚げ開始が遅れた場合、あるいは、運送人がこうした事態を防ぐための対策を講じていた場合でさえ、このような判決が下されているのです。ところが先日、山東省の裁判所で開かれたある上訴審で、第一審の判決を覆して運送人の責任割合を70%から30%に減ずる判決が下されました。船主にとってこの判決は、貨物固有の瑕疵を直接・間接的な原因とする大豆損傷のクレームについて、今

11.08.21

Insight

北欧海上保険協会(Cefor)は北欧諸国の海上保険会社を代表する組織です。加入メンバーのために良質な海上保険の振興と知識共有の推進に取り組んでおり、9つのメンバーフォーラムが主な活動の舞台となっています。その中の1つであるCefor技術フォーラムは先日、MARPOL条約2020の硫黄分規制に基づく低硫黄重油を使用した運航の実情をまとめた報告書を発表しました。その全文を転載いたします。

11.08.21

Insight

この度バイデン米大統領は、コンテナのディテンション(返却延滞料)とデマレージ(超過保管料)に関する慣行改善に加え、反トラスト法と海事関連規則の執行状況に関して、連邦海事委員会によるコンテナ船社とアライアンスへの監視強化を求める大統領令に署名しました。今回は、米法律事務所Holland and Knightの皆さまにご寄稿いただき、この大統領令発出の背景と、考えられる影響の範囲について解説していただきました。

09.08.21

Insight

Gardは先日、セキュリティコンサルタント会社のAMBREYからゲストスピーカーをお迎えし、ロスプリベンションウェビナーを開催しました。海賊・戦争リスクの動向を中心に見ていきながら、船員、そして船体などの資産に対する安全上の脅威を最小限に抑えるうえでの重要なアドバイスをいただきましたので、その模様をハイライトでご紹介します。

06.08.21

Loss prevention material

7月に発生したジョブネル・モイーズ大統領暗殺を受け、ハイチではますます政情不安が広がっています。カリブ海に浮かぶ人口1,100万人の島国、ハイチでは、首都ポルトープランス市でギャングによる暴力、政治的抗議活動が発生し、治安悪化による影響が港湾の操業にも及んでいます。

27.07.21

Loss prevention material

こちらは、英文記事「Continued piracy activity in Singapore Strait.」(2021年7月13日付)の和訳です。

19.07.21

Loss prevention material

GardコレスポンデントのProindeが3月にまとめた報告によると、ブラジルの今シーズンの大豆生産量は、出だしは低調であったものの、最高記録を更新する1億3,550万トンとなる見込みです(世界の生産量の37%以上に相当)。ブラジル産大豆の主な仕向け地は中国で、輸出量の65%以上を占めています。

15.07.21

Loss prevention material

船員の心身の健康と幸福は、複数の要素によってもたらされるものであり、どれか一つの要素があれば達成できるものではありません。船員は、雇用契約期間中、24時間を船上で過ごすことになります。こうした労働環境が、船員一人ひとりに合わせて環境を変えることを難しくしています。同様に、船員の心身の健康を支えるあらゆる側面に対して船主が便宜を図ることも困難です。

15.07.21

Loss prevention material

水先人との良好な関係を築く。水先人嚮導の開始時に船長と水先人とで十分に情報交換を行う。そのうえで嚮導中のブリッジリソースマネジメントを適切に行う。水先人嚮導を事故なく終えるには、こうした要素が重要となります。