http://aresrv407.gard.local:8090/rest/ident/gard_ident/searcher/gard.no/search.xml?q=&language=Japanese&item=Japanese&hits=20

27.07.21

Loss prevention material

こちらは、英文記事「Continued piracy activity in Singapore Strait.」(2021年7月13日付)の和訳です。

22.07.21

Loss prevention material

ダーバン港については、現地の港湾運営会社がフォースマジュール(不可抗力)宣言を行った一方で、リチャーズベイは、対応能力は限定的であるものの、操業を再開しています。

22.07.21

Loss prevention material

(COVID-19の影響で延期されていた)パリMOUと東京MOUによる合同検査キャンペーンは、2021年9月1日に開始される予定であり、今回は復原力全般に重点が置かれます。

19.07.21

Loss prevention material

GardコレスポンデントのProindeが3月にまとめた報告によると、ブラジルの今シーズンの大豆生産量は、出だしは低調であったものの、最高記録を更新する1億3,550万トンとなる見込みです(世界の生産量の37%以上に相当)。ブラジル産大豆の主な仕向け地は中国で、輸出量の65%以上を占めています。

15.07.21

Loss prevention material

船員の心身の健康と幸福は、複数の要素によってもたらされるものであり、どれか一つの要素があれば達成できるものではありません。船員は、雇用契約期間中、24時間を船上で過ごすことになります。こうした労働環境が、船員一人ひとりに合わせて環境を変えることを難しくしています。同様に、船員の心身の健康を支えるあらゆる側面に対して船主が便宜を図ることも困難です。

15.07.21

Loss prevention material

水先人との良好な関係を築く。水先人嚮導の開始時に船長と水先人とで十分に情報交換を行う。そのうえで嚮導中のブリッジリソースマネジメントを適切に行う。水先人嚮導を事故なく終えるには、こうした要素が重要となります。

15.07.21

Loss prevention material

アフリカのGardのコレスポンデントの一社であるBUDD Groupは、油等の移送に関してガーナが定める手続きに従わなかった場合の影響について船舶運航者に注意を喚起しています。

15.07.21

Loss prevention material

自動車船では過去に、復原力が不十分だったために転覆する大事故が発生しています。しかも、乗組員も転覆の危険を把握していませんでした。ただ、これは乗組員の問題というより、陸側で行う貨物の積付計画や実際の積付の方法に関する問題といえます。乗組員はこうした作業にほとんど、もしくは全く関わっていないからです。

15.07.21

Loss prevention material

薫蒸は、穀物や木材等のばら積貨物の殺虫を目的に実施されます。薫蒸剤として最も一般的に使用されるリン化アルミニウムは、人体に有害なホスフィンガスを発生させます。船上では、乗組員がホスフィンガスに晒された結果、多数の命が失われてきました。

12.07.21

Loss prevention material

プラスチックの海洋への排出は国際条約で明確に禁止されていますが、船上でのずさんな取り扱いや川下・陸上での不始末が原因で、プラスチックは依然として海に流れ込んでいます。              

12.07.21

Insight

海上労働条約では、船員が雇用主によって遺棄された場合でも賃金、保護、送還が保証されるよう定めています。ただ、Eide Trader号のケースから、遺棄された船員を実際に送還するのはハードルが高いことも分かりました。

05.07.21

Loss prevention material

ガイアナのリンデン港で「セメント用ボーキサイト」を積んだ船舶が米国内の揚地に到着した際、この微粒子状の貨物の一部で水分値が高くなっている顕著な兆候が見られました。

05.07.21

Insight

6月8日は国連が定めた「世界海洋デー」です。「生命と生活」という今年のテーマに基づき、今回は商船と漁船の衝突について取り上げたいと思います。これまで衝突事故によって、悲しいことに多くの命が失われてきました。こうした事故はなぜ起こるのでしょうか。そして、事故を避けるためにはどうすればよいのでしょうか。

24.06.21

Loss prevention material

救命艇フックの誤解除を防ぐにはまず、装置で故障しているおそれのある箇所を特定するところから始めましょう。

24.06.21

Article

Gardは、紛争解決に関する深く広い専門知識を備えているため、対処すべき問題を迅速に見極めて対応することが可能です。

17.06.21

Insight

先日開催された国際海事機関(IMO)の第103回海上安全委員会(MSC 103)では、自動運航船(MASS)に関する諸規制の論点整理の完了報告が審議の目玉のひとつとなりました。一方、金銭面や責任面に関する問題を扱うIMOの法律委員会と簡易化委員会の各規制ワーキンググループは、現在も検討段階にあり、提言をまとめる状況には至っていません。

10.06.21

Loss prevention material

5月25日より2021年のアジア型マイマイガ(AGM)のリスク期間が始まります。リスク期間中、アジア太平洋の特定地域に寄港する船舶は、出港前に検査を受けた上で「AGM不在証明書」を取得する必要性が生じます。なお、2022年はリスク期間開始日が繰り上げられる可能性があります。

27.05.21

Loss prevention material

火災を未然に防ぐことがまず第一に重要であることは言うまでもありませんが、不幸にも火災が発生した場合、火災が「局所」的な状態の間に消火すること、すなわち、他の区画や機械、設備に広がる前に消火することが重要です。同時に、消防員が過度の危険に晒されることがないよう考慮することも極めて重要となります。そのためには、素早く対応することが欠かせません。

27.05.21

Insight

Alice Amundsen率いるGardのPeople Claimsチームは、メンバーから寄せられる船員クレームへの対応を担っており、その件数は年間数千件にのぼります。今回は、新型コロナウイルスの感染拡大によりGardメンバーの船員がこれまで受けてきた影響の概要について、また、船員のワクチン接種に向けた課題について、Amundsenに話を聞きました。

25.05.21

Article

2021年5月12日に行われた理事会を経て、Gardは本日、2021年2月20日に終了した年度の業績を発表しました。グループ全体の主要な業績は以下のとおりです。