本日Gardは、2021年のPI更改が、引受トン数と保険料双方の観点からみてとても力強いものであったと発表しました。過去12か月で1,700万トンが新たに加入しましたがその大部分は更改時期に発生しました。既存の引受トン数の99.4%がGardに留まり、船主P&Iの引受トン数は現在24600万総トンとなっています。

こちらは、英文記事「Record renewal sees fleet consolidation at Gard」(2021年2月22日付)の和訳です。

2021222

Gardの最高引受責任者であるBjørnar Andresenは、次のように述べています。

『本更改を一言で表すと「Gardへの統合」です。多くの船主がGardの財務力と予測可能性の恩恵を受けるべく、船隊の多くまたはすべてをGardにシフトしました。また、記録的な新規加入もありましたが、提供された保険料は船主のニーズと引受収益性との間でうまくバランスを取ったものとなっています。調和の取れた保険商品・保険料・サービスの提供が既存ならびに新規のメンバーから高く評価されていることを非常に嬉しく思います。』

 

編集者後記

1. Gardは、P&I保険、船舶保険、エネルギー保険商品を提供する相互保険会社です。総引受保険契約額は8億ドルにのぼり、世界13拠点に500人を超えるスタッフを擁します。

2. Gardグループ傘下の保険事業会社であるGard P. & I. (Bermuda) Ltd、Assuranceforeningen Gard、Gard Marine & Energy Limited、およびGard Marine & Energy Insurance (Europe) Limitedは、Standard & Poor’s社から「A+」格付を取得しています。