http://aresrv407.gard.local:8090/rest/ident/gard_ident/searcher/gard.no/search.xml?q=Tokyo&language=Japanese&item=Japanese&hits=20

08.09.10

Loss prevention material

For more information please contact Loss Prevention Manager Terje R. Paulsen, email terje.paulsen@gard.no or Loss Prevention Executive Marius Schønberg, email marius.schonberg@gard.no The information is provided for general information purposes only. Whilst we have taken every care to ensure the accuracy and quality of the information provided at the t

06.08.19

Loss prevention material

、すべてのバリケードが以下の条件を満たしているようにする こと。 o 上段と中段の手すりを備えている。 o 規定の高さと荷重の要件を満たしている。 • 上記のバリケードをすぐに設置できないむき出しの穴を発見した場合、その穴に見張り番を配置 すること

11.10.16

Loss prevention material

© Gard AS Page 1 of 2 Loss Prevention Circular 複合材料性のグレーチングの使用について こちらは、英文記事「LP Circular: Use of composite deck gratings」(2016年 9月 2日付)の和訳です。 各国の規制当局は、海洋構造物のオペレー ターに対して、炭化水素火災に対する耐火 性能が確認されていない複合材料製のグレ ーチングの使用について、警告を発していま す。 Gardが実施した移動式海洋構造物(MOU) に関するサーベイによると、オフショア業界で は、ここ数十年来、複合材料製のグレーチン グを使用する動きが広がっています。船齢の古い MOUでも同様の傾向が見られ、既存のスチール製のグレー

05.08.19

Loss prevention material

2019 CIC on Emergency Systems and Procedures(2019年緊急非 常システムと手順に関する集中検査キャンペーン質問票) • 東京 MOU: ◦ http://www.tokyo

21.06.16

Loss prevention material

© Gard AS Page 1 of 2 Loss Prevention Circular: No. 05-14:甲板下の高所作業の危険性 こちらは、英文記事「No. 05-14: The dangers of working at heights below deck」(2014年 11月 20日付)の和訳です。 カーゴタンク内への落下による死亡事故は、作業開始前のリスク 評価の改善と落下事故の防止対策の必要性を示すものです。 最近、ある若い船員が作業中にカーゴタンクの中に落下し、その 際に負った負傷がもとで死亡するという事故がありました。その船 員は、タンクに立ち入ろうと、甲板下のメンテナンス用の開口部か らはしごに足をかけようとした際に 20 メートル下のタンク底に落下

14.02.06

Loss prevention material

、検査により船舶のfiltering systemを違法にバイパスしていることが明らかになったものであり、Sludge Tankからの違法な船外排出用配管もまた発見されている。キャンペーン期間中、Port State Controlの検査官は13の検査項目に焦点を当てている。Tokyo MOUのCICにおいて13項目のリストが参照可能。http://www.tokyo

17.02.16

Loss prevention material

© Gard AS Page 1 of 2 Gard Alert パナマ運河 - 通航時のデッキ冷却 こちらは、英文記事「Panama Canal – deck cooling during transit」(2016 年 1 月 26 日付)の和訳です。 引火点 18℃未満の貨物を積載してパナマ運河を通航するタ ンカー船は、圧力安全弁が自動作動しないようにメインデ ッキを水で冷却しなければなりません。 2016 年 1 月 18 日から、別途通知のあるまでの期間、パナ マ運河庁(Panama Canal Authority [ACP])は、パナマ運河通 航時において、タンカー船の圧力安全弁が自動的に作動する のを防ぐための特別な手順を導入しました。これは、運河の 運営とその利

30.01.20

Insight

のティム・モス博士とダニエル・シェアド博士 が、硫黄分を含む ISO 8217 規格に基づく燃料の試験結果を判定する方法な by Sammy Christopher Smallbone Lawyer, Tokyo by Kim

22.05.13

Insight

Fines continue to take their toll 8 Gard News 210 May/July 2013 罰金はまだ負担に Fines continue to take their toll この記事では、Gardに報告された過去 5年間の罰金事案の分析に基づき、同期間の統計と最近の傾 向をまとめるとともに、いくつかの厄介な国における状況の説明を行います。 負担額 平均すると毎年約 100~120件の罰金関連の事 案が Gardに報告されています。分析対象の 5 年間では、罰金関連の

13.05.19

Insight

。これは、規制変更に起因して生じるいくつかの重要事項に関して、客観的に「公平な」 立場から責任の所在を明らかにするものです。 執筆者:Sammy Smallbone Lawyer, Tokyo © 2019 Gard AS 2 • Ship Implementation Plan ... 。 o グレードの異なる燃料油をどのように分離するか o いつどのように適合性検査を実施するか o いつどのようにタンクの洗浄を行うか • 相互に連携して対応してださい。用船契約が 2020 年 1 月 1 日をまたぐ場合

27.07.18

Insight

://www.parismou.org/publications-category/annual-reports. 東京 MOU の 2017 年年次報告書は、以下から閲覧できます。 http://www.tokyo-mou.org/publications/annual_report.php.

15.08.12

Insight

ࡶࡾ࡛ࡋࡓࠋࡋ࠿ࡋࠊ㐠 ㏦ேࡀࠊ㈐௵ࢆ඲㠃ⓗ࡟ᅇ㑊ࡍࡿࡇ࡜ࠊࡉࡽ ࡟ࡣⲴ≀ 1ಶ࠶ࡓࡾ 500⡿ࢻࣝ࡜࠸࠺ US COGSAࡢ㈐௵㝈ᗘ㢠ࢆࡵ࡚ࠊ⡿ᅜ࡟࠾࠸࡚ ㈌≀ࡢ฼ᐖ㛵ಀ⪅࡬ࡢッゴࢆᥦ㉳ࡋࡓࡢ࡛ࡍࠋ ࡇࢀࡣࠊ㈌≀ࡀ⏥ᯈ✚ࡳ࡛࠶ࡿࡇ࡜࡜ࠊ⯪Ⲵ ドๆࡢᩥゝୖࡣ US COGSAࠊࡦ࠸࡚ࡣ⡿ᅜࡢ ⟶㎄ࡀ㐺⏝ࡉࢀࡿࡇ࡜࡟ᇶ࡙࠸ࡓࡶࡢ࡛ࡍࠋ ㈌≀ࡢ฼ᐖ㛵ಀ⪅ࡣࠊUS COGSAࡢ㐺⏝ࢆᣄ ྰࡋࠊࣟࣥࢻ࡛ࣥࡢ௰⿢ࢆ㛤ጞࡋࡲࡋࡓࠋࡑ ࡋ࡚ࠊ㐠㏦ே࡟ࡼࡿ⡿ᅜ࡛ࡢッゴᡭ⥆⥅⥆ࢆ ไṆࡍࡿࡼ࠺ࠊッゴᕪṆ࿨௧ࢆࡵࡿ⏦❧᭩ ࢆⱥᅜ ... ࠺࡜ࡍࡿࡢ࠿࡜࠸࠺ࡇ࡜ࢆࠊ㐠㏦ேࡀ⡿ᅜ࡛ ッゴᡭ⥆ࢆ⾜࠺ࡇ࡜ࢆ㜵ࡄࡓࡵ࡟ࡵࡓ㐠㏦ ே࡟ᑐࡍࡿッゴᕪṆ࿨௧࡜࠸࠺౛ࢆᣲࡆ࡚♧ ࡋࡓࡶࡢ࡛ࡶ࠶ࡾࡲࡍࠋ


06.10.14

Loss prevention material

: パリ MoU http://www.parismou.org 東京 MoU http://www.tokyo-mou.org 黒海 MoU http://www.bsmou.org インド洋 MoU http

20.03.18

Insight

/Lを発行したい場合(これにより、トレーダーは自身の仕入れ先を開示する必要がなく なり、トレーダーを介さない直取引を防げることになります)。 執筆者: Louis Shepherd Senior Claims Adviser, Lawyer, Tokyo © Gard AS Page 2

25.08.17

Loss prevention material

.parismou.org / press release  東京 MoU: www.tokyo-mou.org / press release  黒海 MoU: www.bsmou.org / press release  インド洋 MoU: www

26.08.16

Loss prevention material

Uと直近のプレスリリース ‧ パリMoU: www.parismou.org / press release ‧ 東京MoU: www.tokyo-mou.org / press release ‧ 黒海MoU: www.bsmou.org / press release