http://aresrv407.gard.local:8090/rest/ident/gard_ident/searcher/gard.no/search.xml?q=&language=Japanese&item=Japanese&hits=20

07.08.20

Loss prevention material

ベイルート港での最近の爆発事故により、港は現在閉鎖されております。すべての輸送はレバノンのトリポリ港(Tripoli)へと誘導されています。

07.08.20

Loss prevention material

本情報は一般的な情報提供のみを目的としています。発行時において提供する情報の正確性および品質の保証には細心の注意を払っています が、Gard は本情報に依拠することによって生じるいかなる種類の損失または損害に対して一切の責任を負いません。 本情報は日本のメンバー、クライアントおよびその他の利害関係者に対するサービスの一環として、ガードジャパン株式会社により英文から和 文に翻訳されております。翻訳の正確性については十分な注意をしておりますが、翻訳された和文は参考上のものであり、すべての点において 原文である英文の完全な翻訳であることを証するものではありません。したがって、ガードジャパン株式会社は、原文との内容の不一致につい ては、一切責任を負いません。翻訳文についてご不明な点などありましたらガー

04.08.20

Insight

ここ数年、インドネシア群島内の海域で多くの座礁事故が発生しています。その多くは水深の異常に関係するものでした。海図に記されている障害物であれば事故は回避できますが、海図には記されていない浅瀬やリーフ、岩礁などの障害物の場合はどうすればよいでしょうか。事例研究を通して、このような座礁事故が起きるまでの過程、そして事故のリスクを可能な限り小さくするための対策について見ていきましょう。

04.08.20

Insight

© 2020 Gard AS 1 多発するインドネシア群島での座礁事故 こちらは、英文記事「Grounding incidents in the Indonesian archipelago」(2020 年 7 月 7 日付)の和訳です。 ここ数年、インドネシア群島 内の海域で多くの座礁事故が 発生しています。その多くは 水深の異常に関係するもので した。海図に記されている障 害物であれば事故は回避でき ますが、海図には記されてい ない浅瀬やリーフ、岩礁など の障害物の場合はどうすれば よいでしょうか。事例研究を 通して、このような座礁事故が起きるまでの過程、そして事故のリスクを可能な限り小さくす るための対策について見ていきましょう。 はじめに イン

23.07.20

Loss prevention material

© 2020 Gard AS 1 PSC検査に備えて CO2排出の規則適合証書を用意しておきま しょう こちらは、英文記事「Be prepared to document carbon emissions during PSC inspections」 (2020 年 6 月 30 日付)の和訳です。 2019年に EU諸港に寄港した 船舶は、2020年 6月 30日ま でに、CO2排出量の測定・報 告・検証を定めた EU規則の 義務を 2019年の報告期間中 に果たしたことを証明する書 類を本船に備えておく必要が あります。一方の国際海事機 関(IMO)による国際的なデ ータ収集制度における同様の 最終期限は 2020年 5月 31日 でした。 2020

23.07.20

Loss prevention material

2019年にEU諸港に寄港した船舶は、2020年6月30日までに、CO2排出量の測定・報告・検証を定めたEU規則の義務を2019年の報告期間中に果たしたことを証明する書類を本船に備えておく必要があります。一方の国際海事機関(IMO)による国際的なデータ収集制度における同様の最終期限は2020年5月31日でした。

23.07.20

Loss prevention material

1 Gard P&I Member Circular No. 6/2020, 2020年 5月 Member Circular No. 6/2020 2020年 5月 米国の制裁ガイダンス(Global Maritime Advisory)について こちらは、英文記事「US Global Maritime Advisory」(2020 年 5 月)の和訳です。 2020 年 5 月 14 日、米国は、 P&I クラブなどの海上保険会社、船主、用船者などを含む広範な 業種を対象とした Global Maritime Advisory(以下「ガイダンス」)を発表しました。ガイダン ス全文はこちらからご覧いただけます。 同ガイダンスは、イラン、

23.07.20

Insight

今年の船員の日に合わせて、Gardは国際海事機関(IMO)の考えに賛同し、船員を国際的キーワーカーに指定して船員交代を可能にするよう呼びかけています。船員の仕事は無くてはならないものであり、船員は敬意と尊厳をもって処遇されるべき存在です。船員の心と体を健やかに保つことは船舶の安全運航に欠かすことができないため、通常の雇用期間内に下船をして帰国できるようにする必要があります。 

23.07.20

Insight

© 2020 Gard AS 1 船員のキーワーカーとしての地位獲得をサポート こちらは、英文記事「Support key worker status for our seafarers」(2020 年 6 月 25 日付)の和訳です。 今年の船員の日に合わせて、Gardは国際海事機関(IMO)の考えに賛同し、船員を国際的キー ワーカーに指定して船員交代を可能にするよう呼びかけています。船員の仕事は無くてはなら ないものであり、船員は敬意と尊厳をもって処遇されるべき存在です。船員の心と体を健やか に保つことは船舶の安全運航に欠かすことができないため、通常の雇用期間内に下船をして帰 国できるようにする必要があります。 船員交代 – 以前と現在 以前は、マ

17.07.20

Loss prevention material

1 Gard P&I Member Circular No. 12/2019, 2020年 1月 Member Circular No. 12/2019 2020年 1月 2020年のクラブルールの改訂 こちらは、英文記事「Amendments to Rules 2020」(2020 年 1 月)の和訳です。 本サーキュラは、2020 年 2 月 20 日グリニッジ標準時正午に施行されるアシュランスフォアニ ンゲン・ガード・イェシディグおよび P&I(バミューダ)リミテッド(「当組合」)のクラブ ルール(船舶および可動式海洋施設)の改訂概要を説明するものです。 2020年のクラブルール(船舶) 第 56条 – 非海上要員

15.07.20

Insight

5月中旬、Gardのあるメンバーの船がマレーシアのケラン港から中国の厦門に向かっていたところ、積み上がったコンテナの上を動き回っている猿を乗組員が発見しました。

15.07.20

Insight

© 2020 Gard AS 1 猿のブライアンの船旅 – 3度目の報告事例 こちらは、英文記事「Brian’s wild ride – just another case for a Gard claims executive」(2020 年 7 月 1 日付) の和訳です。 5月中旬、Gardのあるメンバ ーの船がマレーシアのケラン 港から中国の厦門に向かって いたところ、積み上がったコ ンテナの上を動き回っている 猿を乗組員が発見しました。 その猿の目撃情報は Gard に即 座に報告されました。霊長類は コロナウイルスに感染しやすい ため、厦門の Gard コレスポン デントは COVID-19 の感染が発生しないように、猿を捕獲・隔離する必要があると助言

15.07.20

Loss prevention material

燃料油の未申告または過少申告は、トルコの税関で犯罪行為と見なされ、乗組員が密輸罪に問われる恐れがあります。

15.07.20

Loss prevention material

© 2020 Gard AS 1 トルコ – 未申告の燃料油に関する事件 こちらは、英文記事「Turkey – a case of undeclared bunker」(2020 年 7 月 9 日付)の和訳です。 燃料油の未申告または過少申告は、トル コの税関で犯罪行為と見なされ、乗組員 が密輸罪に問われる恐れがあります。 最近、あるメンバーの船舶がトルコ国内の 港で拘束されました。本船の燃料油の申告 数量と実際の数量との間に齟齬があること を税関職員が発見したことが理由です。こ の港では、本船の到着後すぐに税関職員が 乗船し、違法な物品および持ち込みが禁止されている物品がないか検査が行われました。燃料油もそ の検査の対象であったため、申告された数量が正しいか

10.07.20

Loss prevention material

事故を調査する場合は、事故に関係した個人だけでなく、事故を取り巻く状況を形成する複合的な原因を調査するようにします。

10.07.20

Loss prevention material

© 2020 Gard AS 1 事故調査:目的は犯人探しではなく、原因の究明です こちらは、英文記事「Incident investigation: search for the cause, not the villain」(2020 年 4 月 14 日付) の和訳です。 事故を調査する場合は、事故に関係した個人だけでなく、事故を取り巻く状況を形成する複合 的な原因を調査するようにします。 事故調査では、事故の原因を乗組員のせいにして片付けてしまうことが多々あります。事故原因とし てよく挙がるのは、手続き違反、能力不足、状況認識力の欠如、ヒューマンエラーなどです。例え ば、当直のオフィサーが居眠りをしていたために座礁事故が発生したとします。対象を個人に限定す

10.07.20

Insight

米国最高裁判所は、先日判決が下されたCitgo Asphalt Refining Co.とFrescati Shipping Co., Ltd.との「Athos I号」事件に関する訴訟において、業界団体であるBIMCO(ボルチック国際海運協議会)、INTERTANKO(国際独立タンカー船主協会)、INTERCARGO(国際乾貨物船主協会)が法廷助言書を提出することを認めました。法廷助言書とは、審理中の事件に関係する意見や法的先例を主張するため、紛争の当事者でない者が作成するものです。BIMCO、INTERTANKO、INTERCARGOの代理人であるHolland and Knight LLC のChris Nolan弁護士とRobert Denig弁護士は、米国法に基づいて用船契約を交渉する方々に対し、安全港

10.07.20

Insight

© 2020 Gard AS 1 Athos 1号事件 – 内部関係者の視点 こちらは、英文記事「Athos 1 – an insider’s perspective」(2020 年 4 月 27 日付)の和訳です。 米国最高裁判所は、先日判 決が下された Citgo Asphalt Refining Co.と Frescati Shipping Co., Ltd.との「Athos I 号」事件に関する訴訟にお いて、業界団体である BIMCO(ボルチック国際海 運協議会)、INTERTANKO (国際独立タンカー船主協 会)、INTERCARGO(国 際乾貨物船主協会)が法廷 助言書を提出することを認めました。法廷助言書とは、審理中の事件に関係する意見や法的先

10.07.20

Loss prevention material

この度CINSと国際P&Iグループは、最近発行されたシードケーキのコンテナ輸送に関するガイドラインを改訂しました。

10.07.20

Loss prevention material

© 2020 Gard AS 1 シードケーキ(Seed Cake)のコンテナ輸送に関する 改訂ガイドライン こちらは、英文記事「Updated guidelines on the carriage of seed cake in containers」(2020 年 7 月 2 日付) の和訳です。 この度 CINSと国際 P&Iグループは、最近発行されたシードケーキのコンテナ輸送に関するガ イドラインを改訂しました。 シードケーキは、油糧種子、穀物などの作物から油分を搾り取った後の搾りかすで、主に家畜用飼料 に用いられます。シードケーキ貨物は、IMDG コードに規定されている要件に従って輸送する必要が あります。 シードケーキ貨物の自己発熱