http://aresrv407.gard.local:8090/rest/ident/gard_ident/searcher/gard.no/search.xml?q=&language=Japanese&item=Japanese&hits=20

19.10.20

Loss prevention material

© 2020 Gard AS 1 リスクアセスメントの本来の目的をお忘れなく こちらは、英文記事「Don’t forget the real purpose of risk assessments」(2020 年 5 月 27 日付)の和訳です。 リスクアセスメントを煩雑なものにして、本来の目的を忘れてしまっていることがよくありま す。 作業者である乗組員に対して十分な情報を提供したり、安全衛生や健康に対するリスクを周知徹底す ることよりも、提出や監査用にリスク評価書を完成させることなどを優先していませんか。こうした 姿勢ではリスクアセスメントの意味が薄れてしまいます。 1つ事例を挙げましょう。空のガスボンベを突堤に降ろすために、後部甲板から船の中央辺りまで

19.10.20

Loss prevention material

ここ数カ月、GPSへの重大な干渉やジャミング(電波妨害)を受けた船舶からの報告事例が増加しています。複数件報告されている地域は、地中海東部と中央部、ペルシャ湾、中国の複数の港です。干渉やジャミングにより、GPS信号が消失したり、GPS信号の正確性が失われたりしており、船舶のナビゲーション機器や通信機器に影響が生じています。

19.10.20

Loss prevention material

© 2020 Gard AS 1 GPSへの干渉や妨害が増加中 こちらは、英文記事「GPS interference and jamming on the increase」(2020 年 9 月 29 日付)の和訳です。 ここ数カ月、GPSへの重大な干渉やジャミング(電波妨害)を受けた船舶からの報告事例が増加 しています。複数件報告されている地域は、地中海東部と中央部、ペルシャ湾、中国の複数の 港です。干渉やジャミングにより、GPS信号が消失したり、GPS信号の正確性が失われたりし ており、船舶のナビゲーション機器や通信機器に影響が生じています。 海上を安全に航行するには、位置、速力、方位が正確であることが不可欠です。船舶が沿岸付近を航 行したり港を発着する際は、

09.10.20

Insight

船員が新型コロナウイルスの検査を受けられる体制は以前に比べて広がってきてはいますが、100%正確な検査はないということを船舶運航者は心得ておく必要があります。Ingrid H. Johansen博士の説明にもあるように、感染している船員の乗船を防ぐには、交代要員の船員を乗船場所で2週間隔離することをこれまで通り最優先の対策とするべきです。

09.10.20

Insight

© 2020 Gard AS 1 誤った安心感を与えかねない COVID-19の検査 こちらは、英文記事「COVID-19 tests may give false sense of security」(2020 年 9 月 15 日付)の 2020 年 10 月 1 日付更新版の和訳です。 船員が新型コロナウイルスの検 査を受けられる体制は以前に比 べて広がってきてはいますが、 100%正確な検査はないという ことを船舶運航者は心得ておく 必要があります。Ingrid H. Johansen博士の説明にもある ように、感染している船員の乗 船を防ぐには、交代要員の船員 を乗船場所で 2週間隔離するこ とをこれまで通り最優先の対策とするべきです。 国際海事

02.10.20

Loss prevention material

1 Gard P&I Member Circular No. 9/2020, 2020年 9月 Member Circular No. 9/2020 2020年 9月 Nord Stream 2とTurkStream – 米国による新たな制裁に関す る最新情報 こちらは、英文記事「Nord Stream 2 and TurkStream – Update on New US Sanctions」(2020 年 9 月)の和訳 です。 はじめに Nord Stream は、ロシアとドイツを結ぶ海底天然ガスのパイプラインシステムです。最初に敷 設された Nord Stream(NS1)のヴィボルグ(Vyborg)からグライフスヴァルト (Greifswald)までの

01.10.20

Insight

© 2020 Gard AS 1 航海計画の欠陥:不堪航の問題か、それとも航海上の判断の問 題か? CMA CGM LIBRA号裁判の舞台は英国最高裁判所へ こちらは、英文記事「Defective passage planning: unseaworthiness or a navigational decision? The CMA CGM LIBRA question sails on to the UK Supreme Court」(2020 年 8 月 26 日付)の和訳です。 英国最高裁判所は、Alize 1954 v Allianz Elementar Versicherungs AG(CMA CGM LIBRA 号)事件で最近下された判決に対する上告権を認めまし

01.10.20

Insight

英国最高裁判所は、Alize 1954 v Allianz Elementar Versicherungs AG(CMA CGM LIBRA号)事件で最近下された判決に対する上告権を認めました。本判決は共同海損に関するものでしたが、海上物品輸送というさらに広範な文脈から見たリスクと責任の分担に関する判決でもあるため、今回は、不堪航に関する評決内容がもたらす結果について考察していきたいと思います。

25.09.20

Loss prevention material

2019-2020年のクサギカメムシのシーズンが訪れ、カメムシの個体群が定着した国からニュージーランドやオーストラリアに入港する船舶は、検査の強化に備える必要があります。昨シーズン、ニュージーランドは4隻の汚染された船舶を自国水域から排除しました。

25.09.20

Loss prevention material

© 2019 Gard AS 1 ニュージーランドとオーストラリア、カメムシに関する注意を 発行 こちらは、英文記事「New Zealand and Australia issue stink bug warning」(2019 年 8 月 29 日付)の和訳です 。 2019-2020年のクサギカメム シのシーズンが訪れ、カメム シの個体群が定着した国から ニュージーランドやオースト ラリアに入港する船舶は、検 査の強化に備える必要があり ます。昨シーズン、ニュージ ーランドは 4隻の汚染された 船舶を自国水域から排除しま した。 クサギカメムシが問題となる理由 クサギカメムシ(略称 BMSB/学名 Halyomorpha halys)は、果物や野菜

09.09.20

Article

リビアの石油積み出し港のエス・シデル(Es Sider)、ラス・ラヌフ(Ras Lanuf)、マルサ・ブレガ(Marsa El Brega)、ズウェイティーナ(Zueitina)、マルサ・ハリガ(Marsa El Hariga)は、いまだ不可抗力状態(Force majeure)とされています。

09.09.20

Article

© 2020 Gard AS 1 リビア – 港湾状況に関する最新情報(2020年 9月 2日現在) こちらは、英文記事「Libya - port situation」(2020 年 9 月 2 日更新版)の和訳です。 リビアの石油積み出し港のエス・ シデル(Es Sider)、ラス・ラヌ フ(Ras Lanuf)、マルサ・ブレ ガ(Marsa El Brega)、ズウェイ ティーナ(Zueitina)、マルサ・ ハリガ(Marsa El Hariga)は、 いまだ不可抗力状態(Force majeure)とされています。 外航船向けの港湾状況 Gard のリビア現地コレスポンデントの報告によると、2020 年 1月にリビア国営石油会

01.09.20

Insight

© 2020 Gard AS 1 セーフティ・カルチャー – 船の運航において相反する目標の管 理 こちらは、英文記事「Safety culture - Managing conflicting goals in shipping operation」(2010 年 11 月 1 日 付)の和訳です。 1912年に起きたタイタニック号沈没事件は世界に衝撃を与え、これをきっかけに、船舶の建 造・艤装・運航に関する最低限の要件を定めた SOLAS条約が策定されることになりました。 とはいえ、この条約でタイタニック号の事故の根本的な原因に対処できるか疑問に思うのは当 然のことでしょう。 タイタニック号は当時競争の非常に激しかった大西洋航路の客船市場に参入し、船主は

27.08.20

Insight

  Safety culture – Incidents resulting from human error 8 Gard News 207 August/October 2012 セーフティ・カルチャー – 人為的ミスから生じる事故 Safety culture – Incidents resulting from human error Gardのクレーム処理担当者は、日々多くのクレームを取り扱っています。こうしたクレームは小さ なものから非常に深刻なものまで内容も規模も様々ですが、そこには改めて振り返ってみる価値の ある共通の特徴があります。 クレーム担当者によると、あらゆる規模

14.08.20

Loss prevention material

© 2020 Gard AS 1 コンテナの積み付けと固縛に関する AMSAの検査キャンペー ン こちらは、英文記事「AMSA inspection campaign to focus on stowage and securing of containers」(2020 年 7 月 27 日付)の和訳です。 コンテナが海上に落下する事故 が多数発生していることを受け て、この度オーストラリア海事 安全局(AMSA)はコンテナの 積み付けと固縛装置(固定式、 移動式の両方)を対象とした集 中検査キャンペーンを立ち上げ ました。実施期間は 2020 年 8 月 1日~10 月 31日です。 はじめに 海上に落下したコンテナは安全面でも

13.08.20

Loss prevention material

コンテナが海上に落下する事故が多数発生していることを受けて、この度オーストラリア海事安全局(AMSA)はコンテナの積み付けと固縛装置(固定式、移動式の両方)を対象とした集中検査キャンペーンを立ち上げました。実施期間は2020年8月1日~10月31日です。

12.08.20

Loss prevention material

ベイルート港での最近の爆発事故により港は閉鎖されていましたが、一部のコンテナ船はターミナルへの入港および荷揚げができるようになりました。

12.08.20

Loss prevention material

本情報は一般的な情報提供のみを目的としています。発行時において提供する情報の正確性および品質の保証には細心の注意を払っています が、Gard は本情報に依拠することによって生じるいかなる種類の損失または損害に対して一切の責任を負いません。 本情報は日本のメンバー、クライアントおよびその他の利害関係者に対するサービスの一環として、ガードジャパン株式会社により英文から和 文に翻訳されております。翻訳の正確性については十分な注意をしておりますが、翻訳された和文は参考上のものであり、すべての点において 原文である英文の完全な翻訳であることを証するものではありません。したがって、ガードジャパン株式会社は、原文との内容の不一致につい ては、一切責任を負いません。翻訳文についてご不明な点などありましたらガー

04.08.20

Insight

ここ数年、インドネシア群島内の海域で多くの座礁事故が発生しています。その多くは水深の異常に関係するものでした。海図に記されている障害物であれば事故は回避できますが、海図には記されていない浅瀬やリーフ、岩礁などの障害物の場合はどうすればよいでしょうか。事例研究を通して、このような座礁事故が起きるまでの過程、そして事故のリスクを可能な限り小さくするための対策について見ていきましょう。

04.08.20

Insight

© 2020 Gard AS 1 多発するインドネシア群島での座礁事故 こちらは、英文記事「Grounding incidents in the Indonesian archipelago」(2020 年 7 月 7 日付)の和訳です。 ここ数年、インドネシア群島 内の海域で多くの座礁事故が 発生しています。その多くは 水深の異常に関係するもので した。海図に記されている障 害物であれば事故は回避でき ますが、海図には記されてい ない浅瀬やリーフ、岩礁など の障害物の場合はどうすれば よいでしょうか。事例研究を 通して、このような座礁事故が起きるまでの過程、そして事故のリスクを可能な限り小さくす るための対策について見ていきましょう。 はじめに イン