メキシコ湾での海賊行為 / Piracy in the Gulf of Mexico (Japanese HTML)

Offshore_support.jpg
27.10.20

20204月初めから3週目までの間に、メキシコ湾南縁でのオフショア支援船に対する海賊行為が多発しています。同地域を航行する際は注意してください。

海洋生物が海運業界に及ぼす影響 / Impacts of marine fauna on shipping (Japanese HMTL)

Menhaden.jpg
27.10.20

船の往来などの人間の活動が海洋生物に悪影響を及ぼすことがありますが、その逆も真なりです。一部の地域に生息する海洋生物は、船や乗組員の安全に深刻な脅威をもたらす可能性があります。

組織の文化は、船員の参加意識に影響します / Does your organisation’s culture dictate the engagement of your seafarers? (Japanese HTML)

Poster_Silence.jpg
27.10.20

組織文化は、日常業務における船員のリーダーに対する向き合い方に影響します。一方、リーダーは、組織文化の形成に大きな影響を与えます。

海運業向けCOVID-19ガイダンスが改訂されました / Updated COVID-19 guidance for shipping (Japanese HTML)

ICS_COVID_Guidance_Sep2020.png
27.10.20

国際海運会議所(ICS)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する最新の考えや助言を反映するべくCOVID-19に関する健康ガイダンスを改訂しました。

リーダーにとって「言行一致」とは? / What does it mean for leaders to “walk the talk”? (Japanese HTML)

Poster_Walk_the_Talk.jpg
21.10.20

乗組員の業務に対する姿勢には、社内のリーダーシップの在り方が色濃く反映されます。どの船でも、「安全第一」と、ひときわ大きく書かれていることでしょう。しかし、重要なことは大きく書くことではなく、経営層が安全に対してコミットすることです。

船内での新型コロナウイルス感染疑い例評価ツール / COVID-19 onboard assessment tool (Japanese HMTL)

Covid19_tool.jpg
20.10.20

現在、海運業界を始め社会全体が厳しい局面にあります。このため、引き続き、船内での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生を早期発見、予防、管理することが、船員と乗客の健康を保護し、ウイルスのさらなる伝播を防ぐための最優先事項となっています。

ベストマネジメントプラクティス(BMP)西アフリカ / Best Management Practices West Africa (Japanese HTML)

BMP_WestAfrica.png
20.10.20

国際P&Iグループは、各海運業界団体の協力を得て、ギニア湾を含む西アフリカ沖での海賊行為の抑止と海上警備の強化のためのベストマネジメントプラクティス(BMP)西アフリカ版を発行しました。

リスクアセスメントの本来の目的をお忘れなく / Don’t forget the real purpose of risk assessments (Japanese HTML)

Poster_risk_assessment.jpg
20.10.20

リスクアセスメントを煩雑なものにして、本来の目的を忘れてしまっていることがよくあります。

GPSへの干渉や妨害が増加中 / GPS interference and jamming on the increase (Japanese HTML)

Alert_GPS_Interference.png
19.10.20

ここ数カ月、GPSへの重大な干渉やジャミング(電波妨害)を受けた船舶からの報告事例が増加しています。複数件報告されている地域は、地中海東部と中央部、ペルシャ湾、中国の複数の港です。干渉やジャミングにより、GPS信号が消失したり、GPS信号の正確性が失われたりしており、船舶のナビゲーション機器や通信機器に影響が生じています。

ニュージーランドとオーストラリア、カメムシに関する注意を発行 / New Zealand and Australia issue stink bug warning Japanese HTML

BrownMarmoratedStinkBug_small.jpg
25.09.20

2019-2020年のクサギカメムシのシーズンが訪れ、カメムシの個体群が定着した国からニュージーランドやオーストラリアに入港する船舶は、検査の強化に備える必要があります。昨シーズン、ニュージーランドは4隻の汚染された船舶を自国水域から排除しました。